面会交流ニュース

コロナ禍で面会交流や共同監護が暗礁に乗り上げるときを弁護士と考える。

コロナ禍で面会交流や共同監護が暗礁に乗り上げるときを考える。

 

離婚をしたとして、父母は、それぞれの意見の違いを埋めるのに苦労していた。

 

私の前の夫は私の友人では決してありません。私は、夫と離婚して4年間経過していて、新しい日常を迎えています。具体的には、新しい自宅、新しいパートナー、息子の学校生活の始まりです。

 

コロナ禍のとき、結婚している友人は、継続的に自宅にいる夫と戦わないといけませんでした。

 

私の子どもは自閉症スペクトラムになっており、8月下旬、息子の学区が特別教育教室を開くことになりました。私の息子は、実はというと、耳が聞こえず、6時間学校の時間が過ぎるのを待つだけでした。

ゆえに、私は宝くじに当たった気分を感じましたのです。

 

もともと自閉症スペクトラムへの理解の違いからの離婚といえました。このため、私は健康上、義理の両親にも健康上のリスクを伝えました。

 用心深く行動することによって仕事も休まないで済みましたし、zoomでの面会交流も始まりました。

 

裁判所が頼らない中、両親は「自助」に頼っていた

私たちのジレンマは特別なものではありません。パンデミックと突然のロックダウンは、通常の裁判を受けることなしで離婚または分離された両親との交流についての法制度を事実上立ち往生していました。

マンハッタンで家族法を実践するマイケル・A・モスバーグ弁護士は、「3月中旬、裁判所は閉鎖され、しばらくの間、誰も何もアクセスできませんでした」と述べています。

 

多くの面会交流親にとって、裁判所の責任放棄のように受け取られたのだと思います。

私のような両親は、前の夫との連絡を余儀なくされたのです。バージニア州リッチモンド大学法科大学院のメレディス・ジョンソン・ハーバッハ教授によると、この面会交流について明確な法的指導の欠如は、法律が「自助」と呼び、裁判所は責任を放棄し国民に責任転嫁するものであった。


 ハーバッハが述べたあるケースでは、コロナウィルスを心配していた母親は、娘の裁判所命令による面会を中止し、代わりに彼とビデオ会議を開くことにしました。

父親は、ビデオ会議の日につき、「対面訪問日」の代替日を求めました。

ようやく裁判所が再開して事件を審理したとき、彼らは父親の意見に同意しました。

「彼らは、パンデミックに対する一般的な恐怖は、裁判所命令に違反または修正する十分な理由にならない」とハーバッハは述べた。「裁判所は、子供たちの面会交流をも織り込んだ監護継続と監護の安定性を妨げるので、一般的に面会に制限を加えることは嫌っています。

たしかに理想はそうでも、コロナウイルスの大流行は、「最も優れた共同監護計画」でさえ、実現は簡単ではありません。


 

 

カリフォルニア州のモニカ・マーさん(42)にとって、パンデミックは2016年の離婚以来初めて子育ての決定を決めました。

モニカさんは、「それは非常に論争的な離婚でした」と、彼女が言いました。「コロナ禍まで、社会的距離、マスク、その他のパンデミック特有の問題について話し合うことはありませんでした」と話しています。

指摘されていたのは、両方の関係の子供たちが家の間を行ったり来たりすると、ウイルスが広がるリスクは非常に現実的になった点です。

ルールも大事でした。

子供たちを屋外席のあるレストランに連れて行けますか?屋内席はどうですか?彼らはマスクを着用する必要がありますか?彼らは休暇のために旅行することはできますか?法律専門家が家庭裁判所システムをあふれさせる次の大きな戦いになると予測する今後のワクチンは言うまでもありません。アビガンなどのワクチンの接種は、父母間でよく話し合って行うことが望ましいとはいえるでしょう。


 

 

 

「子供の最善の利益は何ですか」

不確実な時期に、ニューヨークの心理学者で専門家の証人であるサナム・ハフィーズは、「このような議論は、一緒に暮らす家族にとってもテーブルの上にある」と語った。「これらは継続的な会話になるので、誰もが柔軟でなければなりません。


 

双子の離婚したママとして、彼女は同意できる元パートナーでさえ、彼らの子育て計画とそれに対する変更を書面で置くべきだと強調しています。「あなたの合意が全く不明確であれば、物事は非常に迅速にスパイラルすることができます」と、彼女が言いました。

「あなたの子供が歩いている他の環境を制御できないことは、Covid以前ほど問題ではありませんでした」と、カリフォルニア州ラグーナビーチの著者で講師のジェニファー・ランキン(48)は、彼女の前の夫と彼女の10歳の娘の親権を共有しています。彼女は高齢の仲介者がMIAに行った3月にまだ離婚を確定していたので、彼女の元彼女が彼の非親権時代に彼の場所に滞在している女性や女性を持っていることを発見したとき、彼女はほとんど頼りがなかった。


通常、親が非親権時代に行うことは彼ら次第ですが、人間の接触を通じて広がるウイルスについて話しているとき、突然、あなたの子供と彼らが接触する人にすべての潜在的なリスクを考慮する必要があります。

 

ランキンは元彼女に娘の訪問を制限したいと言ったが、セラピストの助言もありあきらめた。
 

裁判所が直接、または事実上開かれるにつれて、法律は「子供の最善の利益」基準に傾き続け続けました。しかし、コロナウィルスは、その点でもお茶を濁しています。

「不確実性は人々に不安を引き起こし、このパンデミックを通じて、何をすべきかについての明確な専門家の指導はほとんどありませんでした」と、N.Y.U.ラゴンヘルスのハッセンフェルト小児病院の児童研究センターの臨床心理学者レベッカ・ベリーは言いました。ウイルスはまた、異なる時間に異なる方法で国の異なる部分に影響を与えている, これは、法律を適用するための普遍的な標準を見つけようとすることは不可能に近いことを意味します。なお、本稿を投稿したところ、福岡県弁護士会の弁護士から、「不利益情報と利益情報を総合して、自分にとって一番のソリューションは何か、という考え方」が重要である、そしてそのことに気づいている人は少ないとの指摘に接しました。