• 東京家裁平成27年11月12日

    第1 申立ての趣旨    申立人と未成年者らが面会交流する時期,方法などにつき定める。 第2 事案の概要    本件は,申立人が,離婚した元妻である相手方に対し,相手方が監護養育している申立人と相手方との間の長女及び二女である未成年者らとの面会交流を求める事案である。なお,申立人と相手方は,本件申立時においては別居中の夫婦であったが,本件審理  …続きを読む
    面会交流の裁判例
  • 東京家裁平成27年12月11日

    一 相手方は、申立人に対し、本審判確定の日の属する月の翌月以降、以下のとおり、申立人と未成年者が面会交流することを認めなければならない。   (1) 月一回 第一日曜日 午前一一時から午後四時まで   (2) 相手方は、(1)の面会交流開始時間に、△△駅の改札口において、相手方又は相手方の指示を受けた第三者をして申立人に未成年者を引き渡す。  …続きを読む
    面会交流の裁判例
  • 忙しいこどもの増加

    こどもの世界は小学校中学年から開けるといわれていますが、特に都市部では、幼稚園や小学校の受験も活発です。未就学のころから習い事や幼児教室に通うこどもがたくさんいます。また、就学して間もなく私立中学の入試のための塾通いも始まります。   小学校入学後、急に友達との遊びが活発になる時期でもあります。中学に入学すると、クラブ活動が始まり、場合  …続きを読む
    面会交流ニュース
  • 中学生でも大切な面会交流

    この時期のこどもは親子関係や家庭環境が平和であればあるほど、ほとんど親に興味がありません。友人や異性、アイドルなどに移り、親と一緒に出掛けることは」恥ずかしいろいうケースもあります。   既に親とは遊びたがらない年齢ですが、だからといって、面会交流をさせない方がこどものためになるわけではない。また、進学の際に、別居親に相談したくなるかも  …続きを読む
    面会交流ニュース
  • こどもを面会交流に送り出す同居親の複雑な心情

    以前、「こどもが面会交流を楽しみにしていたけど、何となく虫が好かないけど、あの人に会うことが楽しみなのではなくて、イベントにいくことが楽しみだとわかっているから、こっちも悔しくないの」という声。   中日新聞でも、監護親の事情、非監護親の事情として取り上げられました。監護親のこのような態度は、人間の心情として理解することができるものです  …続きを読む
    面会交流ニュース
  • 「量より質」の面会交流

    アメリカでは、別居親との交流がこどもの成長にどのような影響を及ぼすか、数多くの研究がなされています。その研究結果もさまざまであり、別居親との交流時間が長い方が良いとされるものから、交流時間の長短とこどもの健全な成長には関連性がみられないとするものまで様々なものがあると考えられます。   しかし、大切なことは、交流の回数や時間ではなく交流  …続きを読む
    面会交流ニュース
  • カナダノバスコシア州法を準拠として分割身上監護の定めを肯定した事例

    千葉家庭裁判所松戸支部が100日の面会交流を認め、親権者を父親としたフレンドリー・ペアレント判決が出されました。残念ながら東京高裁で覆されてしまいましたが、同じ東京高裁平成29年5月19日で、カナダ国籍を有する両親及び未成年者2名に関する子の監護者の指定申立事件において、実父の実家が存在するカナダのノバスコシア州法が準拠法になると判断したうえで、子の監護  …続きを読む
    面会交流ニュース
  • 面会交流の変遷

    厚生労働省の人口動態調査によると、こどものいる夫婦が離婚する場合、母がこどもの親権者となる割合は、平成27年の時点で84.3パーセントに上るとされています。しかし、徐々に母親が親権者となる割合が増加し、昭和40年になると母親が親権者となる割合が父親が親権者となる割合を超えました。 そのころから、判例上面会交流が認められるようになりました。また、離婚を  …続きを読む
    面会交流ニュース
  • お盆休みにつきまして

    弊所では下記の期間、お盆休みをとらせていただきます。   恐縮ですが、電話対応もございませんのでご了承ください。   11日~15日までお盆休みをとらせていただきます。   おいそぎの御用がある方は、info@horitsu-supporter.jp にご連絡ください。16日から通常の執務体制にも  …続きを読む
    事務所ニュース
  • 事務所移転と年末年始につきまして

    本年も師走の候、みなさまおいそがしくご清栄と存じます。おかげさまで、当事務所も、エースの長澤事務員の夫の東京転勤に伴い、彼女を東京に送り出しまして、新たな事務員さんをお迎えしたところです。長澤さんには深甚なる感謝の意を捧げ、数々のご援助厚く御礼申し上げる次第です。   はじめのうちは至らぬところも多々あろうかと思いますが、弁護士としても  …続きを読む
    事務所ニュース