• 幼児期の面会交流(3歳から6歳)

    服部弁護士と藤崎十斗くんとのパースペクティブ   藤崎十斗:3歳から6歳って誰からみても可愛いから、血縁上の親だったら絶対会いたいだろうね。 服部弁護士:この時期は、「導入期抵抗型」と「再開期待型」の2つがあります。 藤崎十斗:導入期抵抗型は、まあ分かるよ、こどもだしママから離れるのも不安だしさ。別にパパと会わなくてもいいかな、  …続きを読む
    乳児期の面会交流
  • 乳児期の問題のパパママさんトレーニングも

    先のコラムで、父性が身に就くのは臨床的には3歳くらいまで同居していないと身につかない、といわれています。   もちろん社会学的アプローチなので「いや、私は違う」という例外はいるでしょう。そういう人は社会を科学するという意味を理解してください。   一般の問題として多いのは、父母は同居期間も短く信頼関係も少なく、家族とし  …続きを読む
    乳児期の面会交流
  • 0歳から3歳の面会交流

    3歳はともかく0歳の面会交流は取り決めは簡単でも行うのは難しいですよ、と私はいっています。現実には、互いに取り決めにも難色を示すケースもあり、両親も若く葛藤が高いこともあり、一番難しい類型かなとも考えています。   この時期のこどもは誕生から間もない時期に当たり、親権者との愛着形成途上であることから、同居親はそっとしておいて欲しいと考え  …続きを読む
    乳児期の面会交流
  • 面会交流をして良かったと思う理由

    服部弁護士:エフピックがまとめている面会交流の感想についてですが、以下のようなものとなりました。「母を理解する機会を得られた」「父のいい面も見えてきた」「勉強なども教えてもらえる」「父はかっての暴君ではなかった」「友人と父の話を避けなくてもいい」「自分を愛してくれるのを肌で感じられた」「私の心の土台ができた」「好きなおばあちゃんにも会える」などがあります  …続きを読む
    面会交流ニュース
  • 親権者指定ーその変遷と面会交流

    藤崎十斗:アメリカでは、テンダーイヤーズドクトリンといって母子優先の原則がありましたよね。だから、クレイマークレイマーでもお母さんがあきらめてくれたから良かったけど判決は父親の敗訴だったわけでしょう。 服部弁護士:アメリカでは、正面から母子優先の原則を取り上げることは、平等保護条項違反という裁判例が各州で確立されて、1980年代には「子の最善の利益」  …続きを読む
    面会交流ニュース
  • こどもの繁忙を理由とする面会交流拒否

    年齢が高くなるについて、こども自身がいそがしいことを理由に拒否の意向を示すことがあります。小学校高学年になると、自分の日々のスケジュールをきちんと理解し、何曜日の何時から何時までは遊べる時間などを把握しているものです。そして、限られた時間の中で、何とか自由時間を確保しているこどもたちにとって、面会交流は二の次にならざるを得ない状況もあります。 服部弁  …続きを読む
    面会交流の「引き出し」
  • 「直面しない」面会交流

    〇直面しない面会交流  一番難しい面会交流が、面と向かっての面会交流が難しいケースです。高葛藤事案の場合、こどもが思春期や反抗期の場合、別居親とこどもとの交流が久しぶりになっている場合、真正面から向かい合う面会交流ではなく多角的に情緒を取り戻すことが大切です。   〇男女交際の導入期と同じー映画鑑賞  映画鑑賞はあまり能動的な交  …続きを読む
    面会交流の「引き出し」
  • メリット中心型の面会交流

    メリット中心型の面会交流は、こどもの年齢が高い場合やこどもをお得感で釣るという側面があります。   〇ショッピング 辻崎十斗:おもちゃ、買ってくれれば嬉しい! 服部弁護士:十斗もシュシュも、お小遣いもらっていないから、基本、プレゼンして買ってもらうスタイルだもんね。 辻崎十斗:飛ばないドローンは僕がシュシュにプレゼン資料融通  …続きを読む
    面会交流の「引き出し」
  • こどもの興味に沿った面会交流

    こどもの興味に沿った面会交流   伝統的な日本の面会交流は遊園地に連れていくといったものですが、面会交流で楽しむというものです。特に面会交流に抵抗感があったり、不安が強かったりするこどもにおすすめです。   〇キャラクターやアイドルのいるイベント  ここでは、ディズニーランドではなく、あくまでこどもの興味に沿ってい  …続きを読む
    面会交流の「引き出し」
  • 日常生活に組み込まれた面会交流等①

    面会交流は様々なシチュエーションがあるのですが、どのシチュエーションで行うのかはあまり裁判所では話し合われないような気がします。具体的には、日常生活に組み込まれた面会交流、こどもの成長が実感できる面会交流、こどもの興味に沿った面会交流、メリット中心の面会交流、直面しない面会交流の5つがあります。発達の程度や緊張関係の度合いに応じてシチュエーションを使い分  …続きを読む
    面会交流の「引き出し」